日本通運、19年3月期は初の売上高2兆円超え

日本通運、19年3月期は初の売上高2兆円超え

今期は人件費増で純利益9%減見込む

日本通運が4月26日発表した2019年3月期の連結業績は、売上高が前期比7・2%増の2兆1385億円、営業利益が13・3%増の795億円、純利益が約7・6倍の493億円だった。売上高は初めて2兆円を突破した。

国内で鉄鋼や自動車関連部品の荷動きが堅調だったほか、自動車関連の輸出なども伸びた。

一方、今期(20年3月期)の連結業績は売上高が0・5%増の2兆1500億円、営業利益が14・6%減の680億円、純利益が8・8%減の450億円を見込む。今年4月に「同一労働同一賃金」制度を導入し、有期契約社員約6000人を正社員と同待遇にすることなどから人件費が膨らむ。社員制度改革などで130億円の費用増になるとみている。

(藤原秀行)※写真は日本通運提供

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

日本通運カテゴリの最新記事