丸全昭和運輸が国際埠頭を連結子会社化

丸全昭和運輸が国際埠頭を連結子会社化

持ち株比率85.62%で筆頭株主に

丸全昭和運輸は4月26日、港湾運送などを手掛ける持ち分法適用関連会社の国際埠頭(横浜市)を連結子会社化すると発表した。

大株主である三菱商事と日本農産工業から合計171万4500株を74億円で追加取得。これにより持ち株比率は従来の35.52%から85.62%に引き上がり筆頭株主となる。株式の譲渡実行日は6月21日。

国際埠頭は1966 年に丸全昭和運輸が設立。73年以降は三菱商事を筆頭株主として物流事業を展開してきた。2018年3月期業績は売上高43億6300万円、営業利益8億3400万円、経常利益8億2900万円、純利益5億6100万円。国際埠頭を連結子会社化することで物流拠点の強化、サービス拡大が期待できることから株式の追加取得を決めた。

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

丸全昭和運輸カテゴリの最新記事