グッドマンジャパン、千葉の大型施設「ビジネスパーク」拡張を正式発表

グッドマンジャパン、千葉の大型施設「ビジネスパーク」拡張を正式発表

4棟目が20年10月完成予定、BMWグループ入居へ

グッドマンジャパンは5月8日、千葉県印西市の大型物流施設「グッドマンビジネスパーク(GBP)」を拡張することを正式発表した。

需要が旺盛なことから、新たに4棟目を開発しており、2020年10月に完成予定。BMWグループが物流拠点「リージョナルディストリビューションセンター(RDC)」を開設する。

GBPは延べ50万平方メートルの敷地内で既に3棟を開発しており、いずれも順調にテナント企業を獲得している。4棟目は地上4階建て、総賃貸面積は10万平方メートルを超える。BMWジャパンはこのうち7万平方メートル超の賃貸予約契約を結んだ。


GBPの4棟目完成イメージ

上空からのイメージ(いずれもグッドマンジャパンプレスリリースより引用)

GBPは物流施設にカフェテリアや屋外テラス、コンビニエンスストア、郵便ポスト、宅配ボックス、ATM、トラックドライバー用シャワー付き休憩室などを整備し、労働環境の向上に配慮。加えて、敷地内に各種のアメニティー設備を拡充している。

緑地スペースやカフェ、託児所、フィットネスジム、医療機関、小売店舗などを導入し、物流施設のスタッフだけでなく、地域住民らも快適に過ごせる空間の演出に力を注いでいるのが大きな特徴だ。

グッドマンジャパンのアンガス・ブルックスCEO(最高経営責任者)は「BMWの特殊な要件に対応する物流施設を開発するため、わが社のチームはBMWと緊密に連携し、最新のサステナビリティーやテクノロジーを取り入れた設計を進めてきた。魅力的な就業環境を提供することにより、BMWの優れたカスタマーサービスを担う人材の確保と維持に貢献したい」とコメント。

グッドマングループのヘッド オブ アジアを務めるポール・マクギャリー氏は「グッドマンは欧州、豪州、ニュージーランド、中国においてBMWと長年にわたり良好なパートナーシップを築いてきた。自動車業界の特殊なニーズを満たす物流施設開発において、グッドマンのノウハウと実績を高く評価していただいた成果と自負している。この素晴らしいパートナーシップを日本でも実現できることを大変嬉しく思う」と述べた。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

グッドマンジャパンカテゴリの最新記事