ドローン撮影クリエイターズ協会、自治体・官公庁と災害時協定締結23例に

ドローン撮影クリエイターズ協会、自治体・官公庁と災害時協定締結23例に

情報収集・捜索に機体活用、平時の訓練でも連携

ドローン(小型無人機) するドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)は5月10日、京都府長岡京市と災害時などのドローン運用で連携する協定を締結したと発表した。

自治体や官公庁と同様の協定を結んだのは、地域再生・防災ドローン利活用推進協会(RUSEA)と共同で実施したケースを含めると、今回の同市を合わせて全国で23例に上る。

災害時の情報収集や捜索にドローンを活用するほか、平時の自治体・官公庁職員への訓練などでも協力する。


長岡京市との協定締結(DPCA提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事