パナソニック、病院内自律搬送ロボ「HOSPI」の新型モデル発表

パナソニック、病院内自律搬送ロボ「HOSPI」の新型モデル発表

パネルで情報発信や積載容量拡大のタイプも

パナソニックは5月20日、病院内の自律搬送ロボット「HOSPI(ホスピー)」の新型モデルの受注を開始すると発表した。

後方センサーを搭載し、走行の安定性を高めた。あらかじめ決まったルートを通る巡回機能も取り入れている。

併せて、最大でボディーの3面に27型FHD LCD(フルHD液晶)パネルが付いてさまざまなメッセージを発信することが可能な「HOSPI Signage」、搬送する積載容量を大幅に高めてより多くのトレーやコンテナを収納できる「HOSPI Cargo」の両タイプも投入する。

「HOSPI」「HOSPI Signage」は5月、「HOSPI Cargo」は7月に受注を始める予定。

オプションでTV会議システムを追加することにより、HOSPI周辺にいる人と対話できるようになり、案内業務などにも利用可能。


「HOSPI」の新型モデル(左)と「HOSPI Signage」(パナソニックプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事