豊田通商が米ドローンのスタートアップに出資、業務提携

豊田通商が米ドローンのスタートアップに出資、業務提携

グローバル規模で物流実現目指す

豊田通商は5月20日、米国でドローン(小型無人機)開発を手掛けるスタートアップ企業のジップラインインターナショナルに出資、業務提携したと発表した。

豊田通商の社内ファンド「ネクストテクノロジーファンド」の案件。具体的な出資額や出資比率は開示していない。

ジップラインは2016年、アフリカのルワンダでドローンによる病院向け輸血用血液製剤輸送をスタート、大規模なエリアでドローン物流の商業化に成功した。19年にはガーナで同じくドローン物流をスタートしている。

豊田通商はジップラインと連携し、グローバルでドローン物流実現に取り組む。自動車関連事業で蓄積したノウハウも提供していく予定。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事