メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ゼンリンと横浜ゴム、デジタル地図活用したタイヤ空気圧遠隔監視の実証実験を開始

ゼンリンと横浜ゴム、デジタル地図活用したタイヤ空気圧遠隔監視の実証実験を開始

メンテナンス省力化や燃費向上など利点を検証、ビジネスモデル確立目指す

ゼンリンは10月6日、横浜ゴムと連携し、デジタル地図データを活用したタイヤ空気圧の遠隔監視システム(Tire air Pressure Remote access System=TPRS)に関する実証実験を始めたと発表した。

横浜ゴムが開発中のタイヤ内面貼り付け型タイヤセンサーと、アルプスアルパインが開発した車載器を実証実験車両に設置。センサーの市場耐久性の確認とTPRSの検証・構築を図る。併せて、空気圧情報とGPSを通じた位置情報をゼンリンが保有するデジタル地図情報と連携させることにより、新たな付加価値を提案するタイヤビジネスの実現を目指す。

TPRSはタイヤメンテナンスの省力化や精度の高いタイヤ管理、効率的なメンテナンス計画など車両管理者にとってのメリットを探るとともに、安定的な安全・安心運行や燃費向上など車両保有者にとっての利点も検証。ドライバーの安全性や経済性の向上に貢献するビジネスモデルの確立を狙う。

ゼンリンはTPRSへ地図データを提供、複数の車両の空気圧状態と走行履歴を車両管理者が一括確認できるサービスの確立に貢献するとともに、安全・安心な車両管理を可能にする地図ソリューションの検討を進める。


TRPSのイメージ(ゼンリン提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事