三菱電機と蘭HERE、安全運転支援の新システム開発

三菱電機と蘭HERE、安全運転支援の新システム開発

先行車両感知の路上障害情報を後続車とリアルタイムで共有可能に

三菱電機は5月15日、オランダのHEREテクノロジーズと新たな安全運転支援システム「レーンハザードワーニングシステム」を開発したと発表した。

先行車両に搭載したセンサーが道路の落下物や陥没、滑りやすい路面、故障車といった障害の位置情報を、クラウドベースで後続車両にリアルタイムで自動提供、共有することで事故を回避する仕組みだ。

三菱電機が持つ高精度な自己位置特定技術「HDロケーター」と、HERE社の大規模な位置データに関するプラットフォームを組み合わせて実現した。

両社は今後、自動車メーカーにシステムを広く提供し、自社車両での実験に使ってもらう予定。併せて、クラウドを生かして自動運転向け高精度地図を随時更新できる技術の実用化や、道路事業者に路面の劣化状況を連絡、適切な補修管理を後押しするサービスの開発も検討していく。


システムの概要※クリックで拡大

システムでの警報情報のイメージ(いずれも三菱電機提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事