画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

トッパン・フォームズ、入庫車両の自動検知・情報収集システムをトヨタと共同開発

トッパン・フォームズ、入庫車両の自動検知・情報収集システムをトヨタと共同開発

RFIDと光センサーの技術活用、全国の物流拠点に順次導入へ

トッパン・フォームズは1月4日、RFIDと光センサーの技術を組み合わせ、車両情報の収集と車両の台数管理を自動化した「車両通過検知システム」をトヨタ自動車と共同で開発したと発表した。

通過する車両に搭載したRFIDタグを読み取るのと併せて、通過方向の識別も自動で済ませる。新システムを車両の入出庫口などに設置すれば、人手を要していた車両管理の手間を省けると見込む。車両の情報収集や台数集計も自動化する。

新システムは独自のアルゴリズムで車両の形状や色、設置環境の明るさなどに影響されず、安定して多様な車両の解析ができるため、さまざまな現場に採用することが可能と見込む。

新システムはトヨタの港拠点へ導入するほか、今後はRFIDタグを搭載した完成車の管理を行うソリューションとして、トヨタが全国に構えている物流拠点にも順次設置していく予定。


新システムの概要(トッパン・フォームズプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事