【着工短信】プロロジスの「プロロジスパーク北上金ケ崎」(5万5000㎡)26年1月竣工予定

【着工短信】プロロジスの「プロロジスパーク北上金ケ崎」(5万5000㎡)26年1月竣工予定

東北縦横の結節点に立地、「2024年問題」対応後押し図る

プロロジスは6月6日、岩手県金ケ崎町でマルチテナント型物流施設「プロロジスパーク北上金ケ崎」の起工式を実施したと発表した。


「プロロジスパーク北上金ヶ崎」完成予想イメージ

岩手県内では2023年11月に竣工した「プロロジスパーク盛岡」に続く2件目のマルチテナント型案件。竣工は2026年1月の予定。


北上金ヶ崎ICに隣接した開発地

「プロロジスパーク北上金ケ崎」の開発地は3時間以内に南は福島県北部、北は青森県南部まで到達可能で、東北広域を当日中に往復できるため、「2024年問題」への対策として新たな在庫拠点の役割を担えると想定している。

開発方針は今年2月に公表済み(記事はコチラから)。

施設概要

名称

 プロロジスパーク北上金ケ崎

https://www.prologis.co.jp/portfolio/tohoku/iwate-kitakami_kanegasaki

所在地

岩手県胆沢郡金ケ崎町六原土井道合、後平地内

https://maps.app.goo.gl/WUux5yR9ghQa3ShN7

計画敷地面積

約78,500㎡(約23,500坪)

計画延床面積

約55,000㎡ (約17,000坪)

構造

地上2階建て、鉄骨造

着工

2024年6月

竣工予定

2026年1月

(藤原秀行)※いずれもプロロジス提供

物流施設/不動産カテゴリの最新記事