日販・平林社長、出版物のサプライチェーン改革へ決意表明

日販・平林社長、出版物のサプライチェーン改革へ決意表明

配送・積載効率改善や他社・業界との協業目指す

日本出版販売(日販)は5月21日、東京都内で「2019年度日販懇話会」を開き、会員の書店や出版社など333人が参加した。

同社によれば、平林彰社長は今後の方向性として「持続可能な出版物流の実現を目指すため、国土交通省が提唱する『総合物流施策大綱』に基づき、サプライチェーン改革に取り組む」との意向を表明。

具体策として、配送・積載効率アップによる運賃高騰の抑制、他社・他業界との協業による物流コストの削減などを挙げた。

また出版物の定価にも言及。「他業界では物流コストの高騰を商品価格に転嫁しており、出版業界三者の損益構造改善には定価の上昇が有効」と持論を展開し、出版社に協力を求めた。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事