阪急阪神エクスプレス、タイで集配送の新会社が営業開始へ

阪急阪神エクスプレス、タイで集配送の新会社が営業開始へ

現地企業2社と合弁、業務効率化とサービルレベル向上図る

阪急阪神エクスプレスは5月29日、タイの現地法人が同国のトランスエアカーゴ、ロジスティクスワン両社と共同出資で設立した運送会社「HOTロジスティクス」が6月1日に営業を始めると発表した。

新会社は阪急阪神エクスプレスのタイ現法が展開しているロジスティクスセンターの隣接地に本社を置き、タイ国内の輸送業務を手掛ける。日本流の高度な運行管理技術を駆使し、効率的でサービスレベルの高い集配送の提供を目指す。

新会社は昨年10月末に設立した。資本金は500万バーツ(約1500万円)で、阪急阪神側が40%を出資している。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事