三菱商事都市開発、埼玉・鶴ヶ島で新物流施設に着工

三菱商事都市開発、埼玉・鶴ヶ島で新物流施設に着工

東京ロジファクトリーが1棟借り、来春完成へ

三菱商事都市開発は5月30日、埼玉県鶴ヶ島市で新たな物流施設「MCUD鶴ヶ島」の工事を始めたと発表した。

富士見工業団地内に位置し、地上3階建て、延べ床面積2万2441平方メートル。物流企業の東京ロジファクトリーが1棟借りを決めている。2020年春の完成を見込む。


「MCUD鶴ヶ島」の完成予想図(三菱商事都市開発プレスリリースより引用)

関越道の鶴ヶ島ICから約3・2キロメートル、圏央道の坂戸ICから約5・2キロメートルとアクセスの良さが特色。汎用性の高い設計を採用し、奥行き12メートルの大型ひさしを設けて雨天時にも円滑に荷役を進められるようにするなど、細かい配慮を施す予定。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

三菱商事都市開発カテゴリの最新記事