アスクルと福岡市、災害時の物資供給で協定締結

アスクルと福岡市、災害時の物資供給で協定締結

センターの在庫から生活必需品など有償で提供

アスクルと福岡市は5月30日、災害時の物資協定に関する協定を締結した。

同社が同様の協定を結ぶのは埼玉県日高市、大阪府吹田市に次いで3自治体目。福岡が深刻な災害に見舞われた場合、アスクルが同市内に設けている「ASKUL Logi PARK福岡」の在庫品から、市側の要請に応じて生活必需品などを有償で供給する。


協定を締結した両者幹部


対象の「ASKUL Logi PARK福岡」(写真はいずれもアスクル提供)

同社は2017年に埼玉県三芳町で当時構えていた物流センターで火災が起きた後、インターネット通販「LOHACO(ロハコ)」専用の物流拠点「ASKUL Value Center 日高」を同県日高市に新設。立ち上げに際し、万全な防災体制を整えることに加え、地域における物流センターの在り方を再検討し、地域貢献を図る姿勢を鮮明に打ち出して安全・安心への信頼感を獲得するため、同市と災害時協定締結にこぎ着けた。18年1月には吹田市とも同様の協定を結んだ。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事