LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

埼玉・加須にグループ最大級の拠点ーセンコー

埼玉・加須にグループ最大級の拠点ーセンコー

センコーとランテックが開発

 センコーグループホールディングス(GHD)傘下のセンコーは8月9日、埼玉県加須市の「加須PDセンター」敷地内に、延べ床面積約5万2千平方メートルの2号倉庫を新たに建設したと発表した。既存の1号倉庫(約4万8千平方メートル)や危険物倉庫3棟(平屋建て、約3千平方メートル)と合わせると、5棟で約10万3千平方メートルに達し、センコーグループで最大級の物流拠点となる。
 2号倉庫のうち、常温エリア(約2万5千平方メートル)はセンコー、冷凍・冷蔵エリア(約2万7千平方メートル)はグループで定温物流を手掛けるランテックがそれぞれ使用する。同様の共同施設は初めて。同センターでは自家発電機や給油スタンドを新設するなど、BCP(事業継続計画)対応を強化。保育所も2018年度後半に開設する予定。(藤原秀行)

「加須PDセンター」内で完成した2号倉庫(センコー提供)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

センコーグループホールディングスカテゴリの最新記事