運輸総合研究所が「『一帯一路』とユーラシア広域交易圏」テーマに6月24日セミナー開催

運輸総合研究所が「『一帯一路』とユーラシア広域交易圏」テーマに6月24日セミナー開催

国際交通政策の動向や陸上輸送活用法など講演

運輸総合研究所は6月24日午後3時から東京・内幸町の飯野ビルディング4階「イイノホール&カンファレンスセンターROOMA」で、「『一帯一路』とユーラシア広域交易圏~激動の国際社会の中、我々は、何をすべきか?~」と題するセミナーを開催する(協力・アジア物流研究会)。

中国政府が推し進める巨大経済圏構想「一帯一路」の動向と、中国~欧州を結ぶ「ユーラシアランドブリッジ」を軸とした国際物流の全体像を考察。日本が今後進むべき道についても議論する。

最初に政策研究大学院大の家田仁教授(東大名誉教授)が「『一帯一路』をどう読み解くか?~モンゴル帝国が築いた『寛容』なユーラシア広域交易圏を振り返りつつ」と題して基調講演。

続いて、東京大の柴崎隆一准教授が「一帯一路時代の国際交通政策~日本と中国の海上輸送を中心に~」、日通総合研究所の山口修氏が「ユーラシア大陸における陸上輸送の活用」をテーマにそれぞれ講演する。

参加申し込みは専用ウェブサイトで受け付けるが、定員になり次第締め切る。問い合わせは同研究所まで(電話03・5470・8415、ファクス03・5470・8419)。

(藤原秀行)

参加申し込みはコチラから

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事