日航と中国・宏遠グループ、越境ECで提携

日航と中国・宏遠グループ、越境ECで提携

合弁会社を7月設立、日中間の物流や通関など提供へ

日本航空は5月8日、中国で物流などを手掛ける宏遠グループホールディングス(HD)と越境ECに関して合弁することで合意したと発表した。

共同出資で新会社を設立し、日本企業が中国のECサイトに出品するのをサポート。両者が連携し、航空輸送や保管、通関などの国際物流業務を円滑に実施するほか、日本企業と中国ECサイトのマッチングも担う。

新会社は今年7月1日に設立し、資本金・資本準備金は2億円、出資比率は日航51%、宏遠49%を予定している。


中国で行った調印式に臨む日航の岩越宏雄執行役員貨物郵便本部長(右)と宏遠グループの陳遠会長兼CEO(最高経営責任者)

宏遠グループが北京空港で展開している越境EC通関センター。EC貨物を1時間当たり1万個取り扱うことが可能という
(いずれも両社提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事