ソフトバンクが自動運転支援視野、誤差数センチメートルの高精度測位サービスを法人向けに11月開始

ソフトバンクが自動運転支援視野、誤差数センチメートルの高精度測位サービスを法人向けに11月開始

全国3300カ所以上に受信アンテナ独自設置

ソフトバンクは6月3日、誤差が数センチメートル以内の高精度な測位サービスを今年11月末から法人向けに全国で始めると発表した。

準天頂衛星「みちびき」などからの位置情報を受信するアンテナを、既存の携帯電話基地局を活用し、全国3300カ所以上に設置する。自動車の自動運転普及などをにらみ、サービス展開を急ぐ。

7月以降、ヤンマーアグリ、鹿島、SBドライブとそれぞれ実証実験を展開。農機の自動運転、ドローン(小型無人機)の自動制御を用いた建設現場管理、バスなどの自動運転にそれぞれ高精度測位を利用する。


測位サービスの概要

(藤原秀行)※写真と図はソフトバンクプレスリリースより引用

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事