画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

サントリーロジ、物流拠点のフォークリフトにリチウムイオンバッテリーと再生バッテリーを採用

サントリーロジ、物流拠点のフォークリフトにリチウムイオンバッテリーと再生バッテリーを採用

従来の鉛バッテリーから切り替え、温暖化抑制効果に期待

サントリーグループで物流事業を担うサントリーロジスティクスは5月24日、自社物流拠点における温室効果ガス排出削減策の一環として、庫内作業に投入しているフォークリフトの鉛バッテリーを5月以降、リチウムイオンバッテリーと再生バッテリーにそれぞれ順次切り替える発表した。


リチウムイオンバッテリー(豊田自動織機社製「ENELORE」)


再生バッテリー(イグアス社 復元テクノロジー「MOTTA」、いずれもプレスリリースより引用)

リチウムイオンバッテリーは豊田自動織機製で、鉛バッテリーより寿命が長く、交換頻度を低減できるのがメリット。再生バッテリーは、イグアスの復元技術を基に寿命を迎えた鉛バッテリーを再度使えるようにしている。

サントリーロジは今回のバッテリー切り替えで、2022~30年の間、従来の鉛バッテリー使用時より、製造時における約3割の温室効果ガス排出量削減が期待できるとみている。

21年11月に稼働を開始したさいたま市の拠点「サントリー浦和美園配送センター」では、バッテリー切り替えの計画を基に、さいたま市から「さいたま市SDGs企業認証制度」の認証を受けた。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事