画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

中西金属工業、フォークの爪幅をパレットに合わせて自動調整可能な機能を開発

中西金属工業、フォークの爪幅をパレットに合わせて自動調整可能な機能を開発

オペレーターを細かい操作から解放、作業に集中

中西金属工業は12月14日、無人走行ロボットフォークリフト「ROBO Fork15」に、AIカメラによるパレットの判別機能とパレットに合わせたフォーク(爪幅)の自動調整機能を持たせた「スライドフォーク」を開発したと発表した。

フォークリフトは扱うパレットに合わせ、フォークを人の手によって変更する必要がある。その作業はフォークリフトに乗車している作業オペレーターが一度フォークリフトから降りて行っており、フォークをパレットの幅に修正した後、再度作業オペレーターがフォークリフトに乗車して搬送するなど、1つのパレットを運ぶにも多くの工数を要している。また、フォーク幅調整の際、フォークが固定されていなかったことでけがをしてしまったりする危険性がある。

「ROBO Fork15」は事前に設定したルートを走行し、指定場所に置いてあるパレットの種類を判別。パレットの種類に合わせて、パレットのフォークを差し込む穴の位置情報を基にフォークの開き幅を自ら調整し、サイズの異なるパレットを自動搬送する。オペレーターはフォークリフトの細かい操作から解放され、入出荷などの作業に集中できるのがメリットだ。

同社はAGF(無人搬送フォークリフト)の導入を検討する際に、パレットの種類が複数あることであきらめていた現場に対し、自動化を実現できる製品になるとみている。

(写真は中西金属工業提供)

(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事