阪急阪神エクスプレス、関空で医薬品国際輸送品質のIATA認証を取得

阪急阪神エクスプレス、関空で医薬品国際輸送品質のIATA認証を取得

輸送・管理需要の掘り起こし図る

阪急阪神エクスプレスは6月11日、関西国際空港で、国際航空運送協会(IATA)から医薬品の国際輸送品質に関する「CEIV Pharma認証」を6月1日付で取得したと発表した。

同社は2017年、関空を運営する関西エアポートなどと連携し、同認証取得を目指すプロジェクト「KIX Pharma コミュニティ」に参加、高品質なサプライチェーン構築を進めていた。

同認証は医薬・医療品の物流に関する国際的な品質基準GDPを包括的に網羅している。認証取得で医薬品の輸送・管理の需要をさらに掘り起こしていきたい考えだ。

同プロジェクトの参加企業では、郵船ロジスティクスなども同認証を取得している。


大阪市内で6月10日開かれた認証取得イベントに参加したIATAのリカルド・アイトケン・コンサルティングマネージャー(左)と谷村和宏阪急阪神エクスプレス社長(同社提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事