トッパン・フォームズが医薬品・食品向けクラウド温度管理を提供開始

トッパン・フォームズが医薬品・食品向けクラウド温度管理を提供開始

GDPとHACCPに対応したリアルタイム監視で輸送品質向上に貢献

トッパン・フォームズは6月25日、医薬品適正流通(GDP)ガイドラインや食品安全規格認証であるHACCPに沿った衛生管理の制度化に対応する温度管理プラットフォーム「オントレイシス クラウド」の提供を開始すると発表した。

厚生労働省の主導によって医薬品や食料品などの安全性向上の取り組みが進む中、輸送温度のリアルタイム監視と位置情報のログデータ保管を実現。厳格化が進む輸送・保管時の品質向上に貢献していく。

同社の通信機能を搭載した温度ロガー「オントレイシス タグ」で保冷箱内外の温度計測を行い、取得した温度ログデータを同プラットフォームで一元管理する。温度ログデータはスマートフォンやゲートウェー端末を経由してクラウド上に転送することでリアルタイム監視できるほか、GPS情報と温度ログデータをひも付けて輸送の経路・時間ならびに温度変化時の環境などといった位置情報も同時に把握可能な点が特徴。また温度が設定範囲を逸脱した際には管理者にメールで通知する。


トッパン・フォームズニュースリリースより

今後は「オントレイシス クラウド」関連で売上高1 億円を目指す一方、高機能保冷剤「メカクール」や保冷箱「オントレイシス」シリーズなどを組み合わせた温度管理ソリューションで顧客のニーズに応えていく考え。

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事