【独自取材】soucoが倉庫マッチングの精度向上へサービス大幅刷新

【独自取材】soucoが倉庫マッチングの精度向上へサービス大幅刷新

条件をより細かく登録可能、問い合わせにはチャットで迅速対応

インターネットを介した倉庫スペースの提供者と利用者のマッチングを手掛けるスタートアップ企業のsouco(東京)が6月27日、サービス内容を大幅に刷新し「正式版」として本格的にスタートした。倉庫を貸す側、借りる側双方が倉庫スペースの条件をより細かく登録できるようにするとともに、ユーザーの問い合わせにはチャットシステムで迅速に対応可能としたのが柱だ。

同社の中原久根人代表取締役は「急いでスペースを確保したいといった強いニーズをお持ちのお客さまにより的確にご対応できるようになった。マッチングの精度を向上し、物流業界にいっそう貢献していきたい」と強調している。


より見やすくなった初期画面

使い勝手改善求める声に配慮

soucoは2016年創業。マッチングサービスを17年からベータ版として展開してきた。空いている倉庫スペースを有効活用したい倉庫事業者が同社のウェブサイトから情報を登録。一時的に利用したい荷主企業や物流事業者と仲介している。

従来の賃借は半年、1000坪といったようにある程度まとまった期間や広さが条件として設定されていることが多く、事業を拡大したいスタートアップ企業にとっては必要以上の広大な面積を借りる過剰投資になりかねず、適切な倉庫を見つけるのに手間を要していた。商品の季節波動が大きいアパレルなどの業界も短期で借りられる倉庫がなかなか押さえられないといった悩みを抱えていた。

soucoはこれまで埋もれがちだったニーズにも柔軟に応じていくため、「1日」「1パレット分」といった極小の単位から倉庫の空きスペースを借りられるよう設定。賃料や利用可能な期間などを事前に明示し、基本契約書もあらかじめフォーマットを準備するなど、申し込んでから短期間で利用開始できる仕組みを確立した。

損害保険を準備して商品破損のリスクに備えるなどの配慮を施していることも歓迎され、現在は約400社がサービスに登録、順調に需要を獲得している。倉庫スペースを提供する側としても稼働率を高められるため、特に中小事業者にとってはキャッシュフロー改善につながる点が大きな魅力となっている。

ただ、これまでは利用開始のハードルを下げる意味もあり、サイトで登録する情報は貸す側、借りる側ともに場所やおおまかな広さなど最低限の項目に絞っていた。より細かい条件は手書きで入力する必要があり、サービスを使おうとする企業がsoucoに電話やファクス、メールで問い合わせるケースも多く、サービスの意義には共感するユーザーからも使い勝手の改善を求める声が出ていた。

そこで数カ月間をかけ、ユーザーのニーズなどを分析してサイトの条件登録画面を抜本的に修正。倉庫を貸し借りする上で不可欠な事前情報をより詳細かつ容易に登録できるようにし、これまでのベータ版から本格サービスへと生まれ変わることにした。

登録内容を直観的に選択可能

例えば、倉庫の設備としてドックレベラーやエレベーター、垂直搬送機があるのかどうか、倉庫は耐震や免震、制震なのかどうか、どのようなトラックが入庫できるのか、利用形態はDC(在庫型)かTC(通過型)か、WMS(倉庫管理システム)の指定はあるかどうか、といった選択肢を設定している。


スムーズに条件を選択できるデザインを採用した画面

どのような荷物を預けたいかについても、これまでは手入力がメーンだったが、日用品や食品、飲料といった主要選択肢の中からチョイスできるように修正。においが発生するかどうか、運搬はパレットかかご台車か、パレットであればどんな種類のものか、といった項目も新たに準備している。

さらに倉庫のエリア区分に関しても旧来の都道府県単位から、「埼玉県西部」といったように、普段の業務に近い感覚で探せるよう工夫している。

入力する項目数は旧来のウェブサイトから数倍程度となったが、中原代表取締役は「直観的に選択できるデザインを採用するとともに手入力の箇所を減らしたため、おそらくそんなに負担は増えたようには感じられないのではないか。分かりやすいデザインとなるよう最大限努めており、どのような倉庫を借りたいかが登録する段階で非常に明確となるため、マッチングまでの時間短縮と精度向上につなげられる」と狙いを強調している。

情報の登録が完了した後、ユーザーからの問い合わせには、倉庫を借りる側と貸す側の双方にチャットで対応。登録から実際のサービス利用開始までのプロセスをより分かりやすく示している。中原代表取締役は「当社がアピールポイントとしている迅速なマッチングをより実現できる体制が整ってきたので、さらにお役に立てるように努めていきたい」と意気込んでいる。


チャット対応のイメージ

(藤原秀行)※写真はいずれもsouco提供

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事