いすゞなど自動車5社がモネ・テクノロジーズに資本参画へ

いすゞなど自動車5社がモネ・テクノロジーズに資本参画へ

日野とホンダは出資比率引き上げ、MaaS事業に各社意欲

いすゞ自動車、スズキ、SUBARU、ダイハツ工業、マツダは6月28日、ICTを活用したモビリティーサービスを展開するMONET Technologies(モネ・テクノロジーズ、東京・港区)と資本・業務提携に関する契約を締結したと発表した。

5社は2019年8月までにモネ社へそれぞれ約2%を出資して株式を取得する予定。同時に既ステークホルダーの日野自動車とホンダは追加出資により約10%の株式を保有する運びだ。

モネ社はソフトバンクとトヨタ自動車の共同出資によって設立。3月に日野とホンダが自動運転など革新的な交通・移動ソリューションとして注目されるMaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)事業の価値とユーザーサービスの向上を目的に資本参画した。

出資完了後の株主構成と出資比率は
▽ソフトバンク:約35.2%(10億500万円)
▽トヨタ:約34.8%(9億9500万円)
▽日野:約10.0%(2億8560万円)
▽ホンダ:約10.0%(2億8560万円)
▽いすゞ、スズキ、SUBARU、ダイハツ、マツダ:各約2.0%(5710万円)
――となる。

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事