日本特殊陶業と三菱日立パワーシステムズ、燃料電池の合弁会社新設へ

日本特殊陶業と三菱日立パワーシステムズ、燃料電池の合弁会社新設へ

10月1日付、量産化確立目指す

日本特殊陶業と三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は7月5日、固体酸化物形燃料電池(SOFC)の発電要素となる円筒セルスタックの製造・販売を手掛ける新会社を10月1日付で設立すると発表した。

両社は2014年6月、円筒セルスタックの量産に向け業務提携を締結。両社の技術とノウハウを持ち寄り、より高性能の製品事業化を目指している。新会社は資本金3億円で、日特が7割、MHPSが3割を出資する。社名は今後決定する。

SOFCは環境負荷が小さく、効率的に高電圧を生み出せると期待されている半面、量産化の難しさがネックとなっている。両社がタッグを組み、業務用や産業用に量産していきたい考え。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事