スーパーのバローも「ホワイト物流」に賛同

スーパーのバローも「ホワイト物流」に賛同

入荷予約システム浸透や発注リードタイム延長など推進

スーパーマーケットのバローホールディングス(HD)は7月9日、政府が物流事業者や荷主企業と連携してトラックドライバーの就労環境改善などを図る「ホワイト物流」推進運動に賛同すると発表した。

同8日に運動の事務局へ自主行動宣言を提出した。グループで物流を担う中部興産を軸にグループ全体で取り組みを加速していく。

バローHDは主な施策として、入荷予約システムの活用や加工食品の発注リードタイムの変更、入出荷許容率(3分の1ルール)見直しを表明。

具体的な行動として、ロジクリエイト製のシステム「Li-SO」を愛知県一宮市の「一宮ドライ物流センター」などへ導入、6月末時点で248社がシステムを利用し、事前予約比率が90%に達していることを明らかにした。

併せて、今年11月をめどに、発注データ受信を従来の「店舗到着1日前」から「2日前」に変更することや、入出荷許容日を順次緩和していることも説明した。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事