ZMPの物流支援ロボット、自動運転向けクラウドサービスと連携

ZMPの物流支援ロボット、自動運転向けクラウドサービスと連携

個々の稼働率計算や投資回収度合いを計算、適正管理サポート

自動運転技術開発などを手掛けるZMP(東京)は7月9日、物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)AD」を、自社で展開している自動運転向けクラウドサービス「ROBO-HI」を連携させると発表した。

クラウドサービスを通じ、キャリロを物流現場で複数台同時に制御できるほか、各キャリロの稼働時間や走行距離などのデータを日次、週次、月次でそれぞれ集計し、稼働率の算出や投資回収の度合いを計算、適正管理をサポートするのが特徴だ。

両者を連携させた新たなサービスは2019年の下半期に提供を開始したい考え。サービスの詳細は7月24日に同社が東京都内で開くイベントで発表する予定。


「CarriRo AD」(ZMP提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事