IMOがホルムズ海峡攻撃など受け航行船舶の適切な安全対策を要請へ

IMOがホルムズ海峡攻撃など受け航行船舶の適切な安全対策を要請へ

日本含む全理事国が賛成し決定

国際海事機関(IMO)は7月18日、英ロンドンで開いた理事会で、中東のホルムズ海峡付近で日本の船舶を含むタンカーが攻撃を受けたことなどを非難するとともに、海運会社に対して同海峡付近を運航する船舶の安全対策を適切に講じるよう求めることを決定した。

国交省に寄れば、理事会では5月に発生したアラブ首長国連邦(UAE)のフジャイラ沖での民間船舶4隻への破壊行為と、6 月に起きたホルムズ海峡付近での船舶への攻撃について非難。

関連記事:ホルムズ海峡で日本タンカーに何者かが攻撃、炎上 など

その上で、海運会社などに適切な安全対策を常に行う必要性と重要性を喚起するとともに、当該海域を航行する船舶の安全面でのリスクが高まっているとして必要な措置を取る必要性を強調することを、日本を含む全理事国の賛成で決めた。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

国土交通省カテゴリの最新記事