復興道路と復興支援道路、2020年度内に全線開通へ

復興道路と復興支援道路、2020年度内に全線開通へ

国交省が発表、被災地の550キロメートル

国土交通省は8月8日、東日本大震災からの復興に向け、国が東北地方で整備を進めている復興道路と復興支援道路に関し、2020年度内に計画している550キロメートルの全線で開通する見通しになったと発表した。

開通時期がこれまで未定だった岩手、宮城、福島3県の5区間、計47キロメートルに関し、政府が「復興・創生期間」と位置付ける20年度末までに工事が完了する見込みになったという。

政府は青森~宮城の三陸沿岸道約359キロメートルを「復興道路」、沿岸部と内陸部を結ぶ約191キロメートルを「復興支援道路」と設定。現状で全体の7割強に当たる397キロメートルが開通済み。


福島の「(仮称)掛田橋下部工」の施行状況(国交省資料より引用)

(藤原秀行)

新たに開通する見通しとなった路線の詳細はコチラから

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

国土交通省カテゴリの最新記事