佐川グローバルロジ、福岡で通販事業者向けに共同利用可能な物流拠点を開設

佐川グローバルロジ、福岡で通販事業者向けに共同利用可能な物流拠点を開設

自動化設備や情報システム、保管スペース、スタッフが対象

SGホールディングス傘下の佐川グローバルロジスティクスは9月5日、福岡県内で、定期購入・販売などを展開している「リピート通販」の事業者に特化し、物流センターの自動化・精進化設備や情報システム、保管スペース、スタッフを共同利用できるプラットフォーム拠点を開設したと発表した。

通販が盛んな九州エリアで同拠点を生かし、受注から配送までを同社が手掛けるサービスを展開、物流需要を着実に取り込んでいきたい考え。

活用する同社拠点は九州支店の福岡営業所(福岡県粕屋町)と須恵営業所(同須恵町)。ちらしを迅速に梱包、商品と一緒に発送できるシステムを投入する計画。

同社は「最新の物流機器を活用し日々の受注量に応じた波動対応、個別投資や固定費を抑えた小規模スタートや拠点の拡大など、多種多様なニーズに対応したサービスを提供していく」と説明している。


通販支援サービスの概要(佐川グローバルロジスティクスプレスリリースより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

SGホールディングスカテゴリの最新記事