【災害】首都圏は広範囲で高速が通行止め

【災害】首都圏は広範囲で高速が通行止め

首都高や圏央道、東関道など

※道路状況は今後変わる見込みです

台風15号による強風などの影響で、首都圏の広範囲で9月9日午前8時現在、高速道路が通行止めとなっている。今後は徐々に解除される見通しだが、強風がしばらく続くとみられるだけに、当面警戒が求められる。

首都高は中央環状線の堀切JCT~葛西JCT(内外双方)、江北JCT~滝野川IC(内回り)、横浜北線の横浜港北JCT~生麦JCT(上下線)などで、強風の影響で通行止め。

圏央道の川島IC~大栄JCT(内外双方)、東関道の潮来IC~高谷JCT(上下線)、京葉道路の京葉口~京葉道終点(上下線)、横浜横須賀道路の並木IC~釜利谷JCT(上下線)、富津館山道路の富津竹岡IC~富浦IC(上下線)などが通行止め。

東名道は東京IC~横浜青葉IC間が上下線で通行止めが続いており、東京湾アクアラインも全面通行止めとなっている。

(藤原秀行)※写真はイメージ

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事