クリエイトSD、神奈川・茅ヶ崎に自社物流センター開設

クリエイトSD、神奈川・茅ヶ崎に自社物流センター開設

延べ床面積5911坪、県南西部の130店舗程度カバー

神奈川を地盤にドラッグストアを展開するクリエイトSDホールディングスは9月18日、神奈川県茅ケ崎市に自社物流拠点「茅ヶ崎物流センター」を同17日に開設したと発表した。

クリエイトSDとしては7番目のドライセンターとなる。延べ床面積は5911坪で、約50億円を投資。神奈川県南西部の130店舗程度をカバーする。食料品の在庫機能を備え、メーカーから直接センターへの納品を可能としているほか、ケースソーターやコンベヤーシステムを取り入れ庫内作業の効率化を図る。今年12月には屋上で太陽光発電システムを稼働させる予定。

同社は「今後も店舗網の拡大に合わせ、3年ごとに1拠点程度のペースで物流センターを新設する予定」と説明している。


新センターのイメージ(クリエイトSDホールディングスプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事