【災害】JR貨物、台風19号の影響でコンテナ・車扱計390本が運休

【災害】JR貨物、台風19号の影響でコンテナ・車扱計390本が運休

運転見合わせ中の東北線はトラック代替輸送実施へ

JR貨物は10月16日、台風19号の影響で、同11~16日の間にコンテナ列車369本、車扱列車(専用貨車列車)21本が運休になったと発表した。

同日時点で、中央線の四方津~梁川と高尾~相模湖の間、しなの鉄道北しなの線の長野~北長野間、東北線の新白河~岩沼間、武蔵野線の梶ヶ谷貨物ターミナル~府中本町間などで運転を見合わせている。このうち、東北線はトラックによる代替輸送を実施する予定。

併せて、日本海縦貫線を経由するコンテナ列車の迂回運転も一部実施している。武蔵野線を通る石油列車も14日から一部を迂回輸送で運転中。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

JR貨物カテゴリの最新記事