新型コロナウイルス感染症への対応について

三菱商事と三菱商事ロジスティクス、物流ロボット「バトラー」を導入

三菱商事と三菱商事ロジスティクス、物流ロボット「バトラー」を導入

横浜の京浜事業所、実証利用で作業効率化・省人化目指す

三菱商事と三菱商事ロジスティクス(MCLOGI)は10月25日、横浜市のMCLOGI京浜事業所で、インド発祥で物流ロボットシステム開発を手掛けるGreyOrange(グレイオレンジ)製物流ロボット「Butler(バトラー)」を導入したと発表した。

バトラーは商品の入った棚の下に潜り込んで持ち上げ、ピッキング作業エリアの近くに移動させる。AI(人工知能)を駆使し、出荷頻度の高い棚は作業エリアの周辺に位置して速やかに動かせるようにするなど、在庫配置の効率化を図ることが可能なのが大きな特徴。三菱商事とMCLOGIは効果的な活用方法を模索しながら実証利用を進め、庫内作業の効率化・省人化を目指す。

三菱商事は「今回のロボット利用に限らず、格納や保管、ピッキングの前後工程の自動化も視野に入れたソリューションを開発していく」と説明。MCLOGIは「今回の実証実験を通して得た知見・経験を生かし、より高度化・複雑化するお客さまの物流ニーズを捉えたロジスティクス・ソリューションを提供するとともに、社会的課題の解決にも貢献していく」と話している。


導入した「バトラー」


京浜島事業所に導入したバトラー(両社提供・写真の一部は加工されています)
(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事