アイリスオーヤマ、中国・天津に華北部の物流拠点兼ねた新工場建設へ

アイリスオーヤマ、中国・天津に華北部の物流拠点兼ねた新工場建設へ

10カ所目、ネット通販の取り扱い製品増に対応

アイリスオーヤマはこのほど、中国の天津で、同国内10カ所目となる「天津工場」を建設すると発表した。2021年12月の完成を見込む。

総投資額は約50億円で、建物の総面積は4万6552平方メートルを計画。家電製品やプラスチック製生活用品、スチールラック・什器を主に生産する。

同工場は中国の華北部における物流拠点としても機能。2万1600パレットを収容できる自動倉庫を備える予定。事業拡大に伴う物流量の増加とインターネット通販の取り扱い製品数拡大に対応する。

同社は「中国の直轄市として同国内トップ水準の経済成長を続けており、首都の北京を核とする北京・天津経済圏へのスピーディーな出荷を行う拠点として最適な位置にある」と説明している。

同工場は初年度に3億元(約50億円)の販売を目指す。

同社は1996年に中国で現地法人を設立。遼寧省大連市と江蘇省蘇州市、広東省広州市を拠点として活動している。


10月31日に現地で行った起工式(アイリスオーヤマ提供)
(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事