新型コロナウイルス感染症への対応について

JR東グループとCBcloud、東京駅で預かった荷物をホテルまで当日中に配送

JR東グループとCBcloud、東京駅で預かった荷物をホテルまで当日中に配送

山手線駅周辺など対象に実証実験、“てぶら観光”サポート図る

JR東日本グループでスタートアップ企業支援を手掛けるJR東日本スタートアップとJR東日本物流、CBcloudの3社は11月11日、東京駅の手荷物預かり所で受け取った観光客らの荷物を当日中に指定されたホテルまで届ける「エキナカ次世代手荷物配送」の実証実験を同日開始したと発表した。

期間は約3カ月を予定しており、山手線各駅の周辺と千葉の東京ディズニーリゾート最寄り駅の舞浜駅周辺のホテルが対象。訪日外国人観光客が増加する中、荷物を気にせず観光を楽しめる“手ぶら観光”をサポートするのが狙い。CBcloudが展開している軽貨物とドライバーのマッチングサービス「PickGo」を活用し、JR東日本物流とも連携しながら手荷物を届けるドライバーを確保する。

丸の内南口改札内の手荷物一時預かり所で実施しており、当日配送の受付時間は午前8時から午後4時半まで。事前予約は不要で、配送料金は税込みで、サイズによって1800円、2000円、3000円の3種類。

JR東日本スタートアップとCBcloudは今年10月、駅などのJR東日本グループのインフラを活用した新事業創出に向け、資本提携契約を締結した。


実証実験のイメージ


東京駅内の地図(いずれも3社提供、クリックで拡大)
(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事