全農物流、北海道・苫小牧で収容能力7000トンの倉庫が完成

全農物流、北海道・苫小牧で収容能力7000トンの倉庫が完成

延べ床面積3240平方メートル、港や貨物駅に近接

JAグループの全農物流はこのほど、北海道苫小牧市で新たな倉庫が完成したと発表した。

新倉庫は延べ床面積3240平方メートル(うち常温1620平方メートル、低温1620平方メートル)、収容能力は約7000トン。道内港湾の貨物取扱量の半数以上を占める苫小牧港やJR貨物駅に近接しており、地の利に強みを持つ。

同社は「北海道と本州を結ぶ物流要所の苫小牧市に自社倉庫を新設することにより、北海道産農畜産物の保管・輸送拠点として物流効率化・輸送力確保を図っていく」と狙いを説明している。


完成した苫小牧の倉庫(全農物流ウェブサイトより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事