ヨコレイ、現中計の収益目標を下方修正

ヨコレイ、現中計の収益目標を下方修正

20年9月期の営業利益は16億円引き下げ、食品販売が伸びず

横浜冷凍(ヨコレイ)は11月14日、2018年9月期から3年間を対象とする現行の第6次中期経営計画の収益目標を下方修正したと発表した。

20年9月期に関し、連結売上高は従来の1600億円から1430億円、営業利益は70億円から54億円、経常利益は70億円から60億円、純利益は45億円から39億円にそれぞれ引き下げた。

19年9月期の実績はそれぞれ1399億円、47億円、49億円、33億円だった。成長のペースが旧来の見込みより鈍化する。

同社は下方修正の理由として、冷蔵倉庫事業が順調に伸びた一方、食品販売事業は国内で夏場以降に荷動きが停滞したり、国内主要漁港の水揚げ量が不振だっりしたことなどが響いた。

同社は「中期経営計画で掲げた方針・基本戦略などの変更はない」と説明している。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事