楽天など、引っ越し時に出た不要品をフリマに代行出品

楽天など、引っ越し時に出た不要品をフリマに代行出品

GLIDEやトランクと連携、売れれば送料など差し引いてユーザーに振り込み

楽天とGLIDE、トランクは11月25日、引っ越しの際に発生する不用品をフリーマーケットに代行出品する新サービス「フリマ引越」を同日始めたと発表した。

GLIDEが手掛けている引っ越しのマッチングサービス「Hi!MOVE」で申し込み、専用段ボールに不用品を詰めてトランクの宅配型収納サービス「カラエト」に送れば、楽天が運営しているフリマアプリ「ラクマ」へ代わりに出品する。

フリマで不用品が売れた場合は、手数料として代行送料一律880円と一定の代行手数料を差し引いた金額がユーザーに振り込まれる。もし売れなかった場合も、カラエトを引き続き利用できる。保管の際は1カ月間無料とした後、月額550円が必要。取り出す場合は別途、送料として880円が掛かる。


代行出品の仕組み(GLIDE提供)※クリックで拡大
(藤原秀行)※サービスのロゴもGLIDE提供

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事