LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

ダイフク、米国で新工場建設へ

ダイフク、米国で新工場建設へ

生産能力2倍に増強、グローバルで体制最適化

 ダイフクは9月20日、米子会社ウィンライトが同国のインディアナ州ホバートに2600万ドル(約29億円)を投じ、新工場を建設すると発表した。

 併せて、イリノイ州の2工場を新工場に集約・統合し、生産能力を約2倍に高める計画。グローバル規模でマテハン機器のニーズが増大しているのを受け、海外の調達・生産体制最適化を推進する。

 新工場は平屋建てで延べ床面積32万平方フィート(約2万9700平方メートル)。2019年末に完成予定で、仕分けシステムやコンベヤー、自動倉庫などの製造を担う。

 ダイフクは13年にウィンライトを買収。現在米国内に工場2カ所、販売・サービス拠点9カ所を構えている。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事