ニッコンHD、マレーシア現法の新倉庫が完成

ニッコンHD、マレーシア現法の新倉庫が完成

5300平方メートル、製造業の多様な物流需要取り込み図る

ニッコンホールディングス(HD)は11月27日、マレーシア現地法人が同国南部ヌグリ・スンビラン州で建設を進めていた倉庫が同日完成したと発表した。

平屋建てで、倉庫面積は1階が4176平方メートル、メザニン部分は1125平方メートルでトータル5302平方メートル。公共保税倉庫ライセンスを取得し、油圧式ドッグレベラーや貨物用リフターを導入。床は防塵仕様としている。

アジアハイウェー2号(AH2)から約6キロメートル、クアラルンプール国際空港から南東へ約60キロメートル、クラン港から南東へ約100キロメートルに位置しており、近在の工業団地には製造業が多く進出していることから、多様な物流需要を取り込みたい考え。


建物の外観(ニッコンHDプレスリリースより引用)
(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事