日本通運、川崎に3万平方メートルの新たな拠点開設

日本通運、川崎に3万平方メートルの新たな拠点開設

冷凍・冷蔵対応、ICT機器キッティングなども可能に

日本通運は11月28日、川崎市に新たな物流拠点「横浜支店 溝ノ口物流センター事業所D棟」を開設したと発表した。今月7日に完成記念式典を行った。

地上3階建て(事務所併設)、延べ床面積は2万9527平方メートル。大消費地の東京都心部と横浜、川崎の中心エリアに位置しており、東京港・横浜港や羽田空港へのアクセスにも利点を持つ。

同社は住宅建材やオフィス什器、食品などバラエティーに富んだ商材を取り扱う予定。「ICT機器のライフサイクルで必要な全国規模の展開業務(ICT機器の入れ替えなど)やキッティング業務(PCのセットアップ)、保守業務など各社のニーズに応じたワンストップで高品質なサービスが提供可能」とアピールしている。

1、2階には大・中型車が80台接車可能なトラックバースを設置。さらに、1階には冷凍庫と冷蔵庫をそれぞれ2室ずつ備え、温度管理が必要な食品・高機能工業品にも対応できるよう配慮している。


新拠点の外観(日本通運プレスリリースより引用)
(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事