日野自やアサヒ、江崎グリコ、千代田運輸、トランコムなどが新たな幹線輸送構築で合意

日野自やアサヒ、江崎グリコ、千代田運輸、トランコムなどが新たな幹線輸送構築で合意

東名阪間対象、最適なパターンで積載効率極大化目指しダブル連結トラックも投入

日野自動車子会社のNEXT Logistics Japan(NLJ)とアサヒグループホールディングス(GHD)、江崎グリコ、千代田運輸、トランコム、ユーネットトランスの6社は12月4日、新たな幹線輸送サービスを構築すると発表した。

NLJに残る5社が総額1億円を出資。12月9日にサービスの運用を開始する予定。

トラックドライバー不足が深刻な東名阪を結ぶ幹線輸送の効率化・省人化を目指す。具体的には、神奈川・相模原と兵庫・西宮の東西の2カ所にクロスドック拠点を新設。トランコムの求貨求車サービスで蓄積してきたマッチングの技術などを生かし、荷主各社の荷物を集約する。

アサヒGHDや江崎グリコが取り扱う荷物の大きさや重量、輸送頻度、車両の空きスペースなど各情報を総合的に勘案して最適なパターンで混載するなど、積載効率の極大化を図る。各社は旧来より積載率を2~3割程度アップさせたい考え。

併せて、専用に開発した25メートル級ダブル連結トラックを投入。各種センサーを用いた荷室内の状況可視化、ドライバーの体調を管理するための睡眠改善プログラム導入などにも取り組む。


NLJが目指す高効率な幹線輸送のスキーム(各社プレスリリースより引用)※クリックで拡大


投入するダブル連結トラックのイメージ(各社提供)※クリックで拡大


東京都内で記者会見後、撮影に応じる各社幹部(各社プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事