Jリートのケネディクス商業、運送会社とショッピングセンターを積み替え場所として契約

Jリートのケネディクス商業、運送会社とショッピングセンターを積み替え場所として契約

福岡・久留米、敷地の空きスペース活用

Jリートのケネディクス商業リート投資法人の資産運用を担うケネディクス不動産投資顧問は12月5日、ポートフォリオに組み入れている商業施設「久留米西ショッピングセンター」(福岡県久留米市)で、大手運送会社と敷地内の空きスペースを、車両間の荷物積み替え場所として活用することで賃貸借契約を結んだと発表した。同社としては初の試み。

同物件は2007年に建設。マックスバリュ九州がメーンテナントとなっている。利用するのは敷地の約120平方メートルで、12月21日に賃貸借を開始する。大手運送会社の名前や賃料などの詳細は開示していない。

ケネディクス不動産投資顧問は「生活密着型商業施設の敷地内の空きスペースを有効活用することは、本投資法人の商業施設における新たな資産価値向上の取り組み事例になると考えている」と説明している。


「久留米西ショッピングセンター」の外観(ケネディクス商業リート投資法人ウェブサイトより引用)
(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事