新型コロナウイルス感染症への対応について

日梱、混載貨物輸送事業「N Logi」幹線便出発式を開催

日梱、混載貨物輸送事業「N Logi」幹線便出発式を開催

長尺・重量物を対象、20年4月本格稼働目指す

日本梱包運輸倉庫は12月4日、新たに始める混載貨物事業の幹線便出発式を、埼玉県狭山市の同社関東ハブセンター(柏原営業所内)で開催したと発表した。

サービスの名称は「N Logi(エヌロジ)」に決定。長尺・重量物を対象として混載貨物輸送の運用テストを実施。2020年4月の本格稼働を目指す。

関連記事:ニッコングループ、長尺・重量物混載を20年4月から本格展開へ

幹線輸送には乗り継ぎ運行を行うフルトレーラーを投入し、ドライバーの負荷を軽減。集配輸送も順次ハイブリッド車やEV(電気自動車)を採用、女性やシニア層も運転しやすい仕様を採用する。

同社は今回の混載貨物輸送に併せて、業務管理と輸送実務の機能を統合したシステムを新たに構築。業務効率改善を図る。


出発式の様子。中央が日梱の大岡誠司社長


集配車両(いずれも日本梱包運輸倉庫プレスリリースより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事