ドローンが運んだ荷物を自動運転車に無人で受け渡し可能に

ドローンが運んだ荷物を自動運転車に無人で受け渡し可能に

ブルーイノベーションとIHI子会社が共同開発、立体駐車場の有効活用など図る

ブルーイノベーションとIHI傘下で機械式駐車場などを手掛けるIHI運搬機械(東京)は12月16日、ドローン(無人飛行機)が運んだ荷物を自動運転車に無人で受け渡すことが可能な「ドローン着陸ポート」を共同開発したと発表した。

関連記事:ブルーイノベーション、台湾のドローンメーカーと業務提携

ポートがドローンを自動的に誘導し、着陸したドローンが切り離した荷物をポート内に保管。すぐそばで待機している自動運転車に積み込むとの流れだ。立体駐車場に設置することで、空いた屋上階の有効活用につなげたい考え。災害時の緊急輸送手段としての活用も視野に入れている。


共同開発したドローン着陸ポート

着陸ポート活用の流れ※クリックで拡大(いずれも両社プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事