メルマガの配信元アドレスが変更となりました

宅配の再配達率、10月は15・0%で前年から小幅改善

宅配の再配達率、10月は15・0%で前年から小幅改善

国交省が大手3社の調査結果公表、地方が全体をけん引

国土交通省は12月24日、宅配大手3社の取り扱いにおける再配達の割合について、今年10月はトータルで15・0%だったと発表した。前年同期の15・2%から0・2ポイントと小幅改善した。再配達数は34万4139件だった。

地域別に見ると、都市部は16・6%で0・1ポイント上昇した半面、都市部近郊は0・3ポイント低下し14・3%、地方は1・4ポイント低下し11・5%となった。地方での再配達率改善が全体をけん引した格好だ。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

調査は4月と10月の年2回実施。国交省は再配達の割合を17年度の16%から20年度は13%程度まで減らすとの目標を掲げている。


再配達の割合(国交省報道発表資料より引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

データ/調査カテゴリの最新記事