東洋製罐系の東洋メビウス、前橋の物流センターで新倉庫棟が5月完成へ

東洋製罐系の東洋メビウス、前橋の物流センターで新倉庫棟が5月完成へ

延べ床面積8395平方メートル、停電時にリチウム電池で稼働可能な自動倉庫など導入計画

東洋製罐の物流子会社、東洋メビウスはこのほど、前橋市の「前橋物流センター」で新たな倉庫棟が今年5月に完成すると発表した。

地上3階建て、延べ床面積は8395平方メートルを計画。停電時にはリチウム電池で稼働可能な自動倉庫「シャトルラック」や大型ファン「MacroAir(マクロエアー)」、人感センサー搭載LEDライトなどを導入。除湿機を取り入れたり、防虫のため搬入出口にシートシャッターとエアカーテンを設けたりするほか、構内清掃用無人ロボットも活用するなど、BCP(事業継続計画)や働きやすい環境の整備に努める予定。


新倉庫棟の完成イメージ(東洋メビウスプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事