ヒガシトゥエンティワン新社長に日本生命出身の児島副社長が昇格へ

ヒガシトゥエンティワン新社長に日本生命出身の児島副社長が昇格へ

4月1日付、金森氏は代表権ある会長に

ヒガシトゥエンティワンは1月24日、金森滋美社長(64)が4月1日付で代表権のある会長となり、後任に児島一裕取締役副社長執行役員(59)が昇格する人事を発表した。金森氏と同じく大株主の日本生命保険出身者が社長に就く。

ヒガシトゥエンティワンは1944年に大阪市東区内の運送会社13社が統合して大阪東運送となった後、47年に経営基盤強化のため日本生命に資本参加を仰いで以来、同社と強い連携関係にあり、2019年3月末時点でヒガシトゥエンティワン株式の約8%を保有する第2位株主。金森氏は1月30日に65歳となる。

児島 一裕氏(こじま・かずひろ)1983年大阪大経卒、日本生命保険入社。2012年取締役執行役員、17年専務執行役員。19年4月ヒガシトゥエンティワン副社長執行役員、同6月より現職。大阪府出身。


児島次期社長(ヒガシトゥエンティワン提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事