新型コロナウイルス感染症への対応について

政投銀とSBSHD、中堅・中小運送事業者支援へタッグ

政投銀とSBSHD、中堅・中小運送事業者支援へタッグ

投資ファンド組成、経営サポートも視野

日本政策投資銀行(DBJ)とSBSホールディングス(HD)が全国の中堅・中小運送事業者の経営を支援するため、連携することが明らかになった。

地方経済の活性化を図りたいDBJと、各地で優良な事業者と結び付きを強めて自社の物流網を拡充したいSBSHDの思惑が一致した。共同で今春をめどに投資ファンドを組成、優良な顧客を抱えるなど特色ある運送事業者らに投資する方向で準備を進めている。ファンドの規模は40億円程度となる見込み。

投資と併せて、経営をサポートするためSBSグループから役員を運送事業者に派遣したり、顧客の荷主企業を紹介したりすることも視野に入れている。DBJとSBSHDが協力して後継者不足に悩む運送事業者の事業継承を後押しすることも想定しているとみられる。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事